平成16年度事業報告書

 

  T.庶務関係

 

     1.定期監査

      平成16年5月17日、本会事務所において、大野、山部監事出席のもとに定期監

     査が実施された。

 

    2.理事会

        平成16年5月31日、熊本県畜産会館において理事会を開催し、次の議案につい

     て審議した。

       (1) 平成16年度通常総会提出議案3件                   

         第1号議案 平成15年度事業報告書、収支計算書、正味財産増減計算書、

               貸借対照表及び財産目録の承認の件

           第2号議案 平成16年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)の承認の件

          第3号議案 定款改正の件

 

    3.通常総会

       平成16年5月31日、熊本県畜産会館において平成16年度通常総会を開催し、

      下記の議案を審議、いずれも原案通り承認可決した。

         第1号議案 平成15年度事業報告書、収支計算書、正味財産増減計算書、

              貸借対照表及び財産目録の承認の件

           第2号議案 平成16年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)の承認の件

          第3号議案 定款改正の件

 

         4.農林水産省法人検査

              平成17年2月7日、本会事務局において農林水産省畜産振興課の藤芳技官、福澤

      事務官による法人検査が実施された。当日検査された主な事項は次の通り。

              .業務の運営状況

       イ.事業の内容及び実施状況

       ウ.会計処理、収支及び資産の状況

       エ.予算及び決算の状況

       オ.その他必要な事項

 

 

 U.事業成績

       1.会員並びに登録・登記の状況

      本年度の会員数は、対前年比3.4%減の2,308名であった。        

        育種高等、高等、繁殖登録は増加し、産肉登録ならびに子牛登記は減少した。 各道 

    県別の会員数並びに頭数は表1の通りである。

 

 

         表1 道県支部別会員数・登録登記頭数

 

 

 

 

 

 

 

 ※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  区分

 支部別

 会員数

 育種高

 等登録

 高 等

 登 録

 産 肉

 登 録

 繁 殖

 登 録

 子 牛

 登 記

 交 雑

 登 記

 登録登記

 合 計

 北海道

  117

 (113)

 

 

 

   117

    ( 89)

    648

    (640)

      1

     (0)

     766

    (729)

 岩 手

   20

 ( 24)

 

 

 

     3

   ( 6)

    88

   (108)

 

    91

   (114)

 秋 田

   97

 (125)

 

 

 

      17

     (10)

    179

    (275)

 

    196

    (285)

 静 岡

    1

 (  1)

 

 

 

    3

    (1)

     1

    (3)

 

     4

      (4)

 長 崎

   49

 ( 48)

 

 

 

    26

     (10)

    74

    (120)

      12

     ( 0)

    112

    (130)

 対 馬

   72

 ( 76)

 

 

 

    14

   (30)

   151

   (187)

 

    165

   (217)

 熊 本

  1951

 (2002)

   26

  (21)

   32

   (22)

    13

   (16)

    1041

    (945)

   7,508

  (7,778)

    564

  (  887)

   9,184

 ( 9,669)

 埼 玉

    1

 (  1)

 

 

 

       0

      (2)

       2

      (4)

       1

      (0)

       3

     ( 6)

  

  2308

 (2390)

   26

  (21)

    32

   (22)

   13

  ( 16)

   1,221

  (1,093)

   8,651

 ( 9,115)

     578

  (  887)

  10,521

 (11,154)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前年比

  96.6

  123.8

  145.5

   81.3

   111.7

    94.9

    65.1

    94.3

 

 

      注:( )内数字は前年度実績、※は支部未設置県を示す。

 

 2.育種改良事業

  (1) 国、県が推進している肉用牛広域後代検定推進事業に積極的に協力し、候補種雄牛の

     能力調査、基礎雌牛の選定など優良種畜の選抜、ならびに不良形質の除去対策などに取

     り組んだ。

   (2) あか牛集団の血統の偏りを是正するための特定形質種雄牛造成事業に協力し、計画交

     配の手法を検討するとともに稀少系統の保存に努めた。

  (3) 間接検定、現場検定及び一般の肥育成績を調査し、得られたデ−タについて分析、

     育種改良の基礎資料とした。

  (4) 超音波測定器による肉質形質の調査及び育種改良への応用

      候補種雄牛、繁殖基礎雌牛の選抜利用法の確立のために超音波測定による肉質の診断

     を実施した。

     

 3.普及指導事業

  (1)全国あか牛研究大会の開催

      ・平成16年11月19〜20日 北海道池田町(池田町田園ホール)

                      帯広市(北海道畜産公社十勝事業所)

      ・参加者 約120名

      ・特別講演 「あか牛の育種改良について」

        講師:熊本県農業研究センター 生産基礎技術研究室長 住尾 善彦 氏

      ・各県の情勢報告、体験発表                     

       ・農家研修 

      ・枝肉研修会                        

  (2)各県支部が主催した研究会、研修会等に担当者を派遣し指導に努めた。 

      

 4.組織対策事業

    支部の活動及び会員の各種会合等に対して協力した。

 

 5.刊行事業

   機関誌『あか牛』を刊行した。

     

  6.表彰事業

    各種共進会に対し、副賞を贈呈して上位入賞牛を表彰した。

 

 

 

 

 

 7.受託事業

    (1)計画交配推進調査事業(熊本県委託)

      肉用牛広域後代検定推進事業の補完的な事業として、基礎雌牛の選抜、超音波測定、

     血統分析、繁殖成績等の特性や能力ならびに異常形質の発生状況について調査し、計画

     交配の推進に努めた。

      また、計画交配を推進するため技術者の研修会を開催した。  

        日時:平成16年8月4日

       場所:熊本県畜産会館

              演題:「褐毛和種の集団構造」

            講師:神戸大学農学部 向井 文雄 教授

 

   (2)家畜改良体制整備事業(家畜改良事業団委託)

         登録証明書の発行をコンピュータで処理する、改良体制整備事業を実施した。

     また、個体識別システムを利用した登録事業について検討した。

 

    (3)肉用牛生産性向上対策事業(全国肉用牛振興基金協会委託)

       効率的な肉用牛生産技術を普及するために指導者の研修会を開催した。 

         日時:平成17年3月3〜4日

        場所:熊本県畜産会館、熊本県農業研究センター

              @講 演   (ア)北海道でのあか牛飼養管理について 

                                   川瀬 雄二氏(木古内町肥育農家)

             (イ)肉用牛の産肉能力の遺伝的改良

                        原田 宏教授(宮崎大学)

           A検討会(あか牛の現状と問題)         

                (ア) 血統、枝肉成績について

                (イ)産肉形質の遺伝的評価の推移について

                (ウ)特定形質雌牛群整備について

     (4)新酪肉基本方針啓発普及事業 (家畜改良事業団委託)

        あか牛の改良状況を検討するため、繁殖牛・肥育牛の定点調査を実施した。